なつやすみの自由研究(テーマ:みやおみやの生態 作:ごまお)

この記事はなつやすみプロデュースノート8月の19日目の記事です*1。18日目はメソポタミア花子さんの なつだよ! - バビロニアのゴミ箱 でした。花子さんのイラストめっちゃ可愛いですね! 美也さんのイラスト、可愛いです、本当にありがとうございます。

この記事について

さて、この記事では、GREE版ミリオンライブ!のカードを通して、宮尾美也のさまざまな面を紹介していきます。対象読者は以下の通りです。

  • アイマスは知ってるけど宮尾美也って誰?という人
  • 宮尾美也という名前は知ってるけど、どんなアイドルかよく知らない人
  • 宮尾美也のことはなんとなく知ってるけどもっと知りたい!という人
  • 宮尾美也のことが大好きな人
  • その他、日本語を理解するすべての知的生命体

ミリオンライブ!と宮尾美也

そもそも「アイドルマスター ミリオンライブ!」とは、GREEで配信されていたソーシャルゲームで、従来765プロダクションに所属していた13人のアイドルに37人のアイドルが加わり、50人で765プロライブ劇場を盛り上げ、100万人動員ライブを目指すというものでした。現在はGREE版のサービスは終了していますが、現在配信中のアプリゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ」(通称 ミリシタ)にその魂は受け継がれ、新たに加わった2人のアイドルとともに、52人でトップアイドルを目指しています。

宮尾美也はそんな52人のアイドルのうちの1人です。 一見するとお嬢様然としていて、穏やかで上品な印象を受けますが、彼女を知れば知るほどそんな第一印象は良い意味で裏切られることになります。

出会い

f:id:gomao9:20180819130714j:plainf:id:gomao9:20180819130921j:plain
初めまして~宮尾美也です。あなたもアイドルを目指してるんですか?…えぇ?私のプロデューサーさんなんですか?驚かせないでくださいよ~。(画像左:「宮尾美也」)

この衣装、みんなで着たらとっても可愛いですよ~。ところで、プロデューサーさんの分がないですけど、着ないんですか~?(画像右:「アイドル 宮尾美也」)

ゲームを始めて、おそらくプロデューサーが初めて出会うことになるであろう2枚のカードです。いわゆる初期N/HNというやつです。 テキストを読んでわかる通り、初対面からプロデューサーをアイドルと勘違いすると言う大ボケをかましています。ある意味第一印象通りの言動ですが、その後もプロデューサーに衣装を着せようとするなど、本気なのか冗談なのかわからない言動は度々見られます。このあたりで鋭いプロデューサーは気づきます。さてはこいつ、変な奴だな?と。

天然?

今回のイベントは、私に任せてくださいね~。こう見えてレシーブやトスは大得意なんです~。どんなボールも返してみせますよ~と~っ。(画像左:「アイドルサッカーフェス 宮尾美也」)

プロデューサーさんも、私の陶芸作品に驚いているようですね~。縄文土器?違いますよ~!心を込めて作った、美也特製のやかんです♪(画像右:「アイドル道 宮尾美也」)

その後も宮尾美也の奇行は続きます。サッカー大会ではなにを思ったかボールをレシーブします。アイドル力アップのための(?)陶芸修行では縄文土器を作ってやかんだと言い張ります。やる気が空回っている姿は微笑ましくもありますが、このあたりで宮尾美也には天然ボケキャラというイメージが定着します。

お茶目ないたずらっ子

f:id:gomao9:20180819131023j:plainf:id:gomao9:20180819131241j:plain
うふふふ~…ゴースト美也の完成はもう間近ですよ~。みなさんのビックリする顔が早く見たいですね~。うん、なかなかいい出来です~。 (画像左:「みやみやオバケ 宮尾美也」)

環ちゃん、しー…うふふ、かくれんぼみたいで楽しいですね~。ここなら、看守さんにも見つかりません。絶対、脱出してみせますよ~♪(画像右:「監獄かくれんぼ♪ 宮尾美也」)

宮尾美也は、お茶目でいたずら好きな一面も持っています。「みやみやオバケ」では、肝試しに参加する他のアイドルを驚かせようと、風船で作ったオバケを作ります。「監獄かくれんぼ♪ 宮尾美也」では脱獄中という緊迫した状況にもかかわらず、かくれんぼを楽しむ余裕を見せています。もちろん悪意をもって驚かせようとしているわけではなく、ちょっとしたサプライズで楽しんでもらおうというサービス精神が溢れた結果の行動のようです。

やる気!元気!

f:id:gomao9:20180819130941j:plainf:id:gomao9:20180819131113j:plain
さ~みなさん、ステージが始まる前に気合い全開、パワフルに張り切りましょう~。せ~の~…、きあいだ~きあいだ~きあいだ~~~お~! (画像左:「やる気ステージ 宮尾美也」)

朋花ちゃんから、実行委員長に任命されましたよ~。委員長らしく、ワイルドに頑張ります~。それでは~、あ~ゆ~れでぃ~?いえ~いっ!(画像右:「文化祭ロックフィーバー 宮尾美也」)

そんな宮尾美也ですが、内には熱い闘志を持っています。ユニットを組んだ田中琴葉と舞浜歩を頓狂な掛け声で呆れさせたりしますが、そのやる気は本物です。文化祭実行委員長を拝命したときには、自らステージに立ち、劇場唯一にして随一のロックシンガー、ジュリアから学んだロックな魂を披露します。

失敗と成功

f:id:gomao9:20180819133246j:plain
私、何故か失敗ばかりで…。みんな、プロデューサーさん。私を支えてくれて、ありがとう…。えへ、ダメですよね~、アイドルは笑顔じゃなきゃ…。(「涙輝く表彰台」)

ともすれば、やる気が明後日の方向へ空回りしている姿が微笑ましいと評されがちな彼女ですが、決して失敗を気にしていないわけではありません。文化祭ミスコンサバイバルで優勝した時には初めて涙を見せ、それまでの失敗を気に病んでいたことを吐露します。内心はどうあれ常に笑顔であろうとする彼女の姿勢を、私は尊敬しますし、常に支えてあげたいと思います。

頑なな努力と

f:id:gomao9:20180819131103j:plainf:id:gomao9:20180819133011j:plain
ランチに、パン食い競争の自主練をしますよ~。…えっ?今回は、パン食い競争やらないんですか?…じゃあ、来年のために練習しますね~。 (画像左:「炎のパン食い特訓! 宮尾美也」)

美也ちゃん、すっごく速かった~!あんぱんを取られちゃったので、私は2位のメロンパンをいただきますね♪はむはむ…おいしいです♪(画像右:「パンの宴 北上麗花」)

やる気が空回りすることが多い宮尾美也ですが、1年越しの努力が実った例もあります。 2014年9月開催の「いざゆけ!第2回アイドル大運動会」ガシャで追加された「炎のパン食い特訓! 宮尾美也」では、この時は開催されない種目の特訓をしています。プロデューサーが指摘しても「来年のために」と言って頑固に練習を続ける姿は、ある意味宮尾美也らしいともいえますが、この時点では失敗の一つに数えても良いものだったでしょう。

しかし、2015年11月開催の「はじけろ!第3回アイドル大運動会」ガシャで追加された「パンの宴 北上麗花」でその評価は一変します。パン食い競争で1位を取って、笑顔であんぱんを食べている宮尾美也が背景に描かれていたのです。1年越しで努力を実らせた宮尾美也の姿は、宮尾美也担当Pのみならず、多くのプロデューサーを感動させました。

大人の表情

f:id:gomao9:20180819131258j:plainf:id:gomao9:20180819131307j:plainf:id:gomao9:20180819131233j:plain
私達、たくさんの人に支えられて、ここまで来られましたよ~。今日はみなさんに、感謝をこめて歌います…聴いてくださいね~♪ (画像左:「アルティメットクイーン 宮尾美也」)

今よりウェディングドレスが似合う頃、私は、どんな大人になっているんでしょう…。その時もプロデューサーさんは、隣で笑ってくれますか? (画像中央:「いつかの未来を夢見て」)

ハッピーをおすそわけしたら、みんなも、ハッピーになるんですよ~。プロデューサーさん、私と一緒に、世界中の人達にハッピーを届けましょうね~♪(画像右:「ハッピ〜エフェクト! 宮尾美也」)

無邪気さがクローズアップされることの多い彼女ですが、時折見せる大人っぽい表情が、見る人を魅了してやみません。多くは語りません。見て、感じてください。

さいごに

ここまで、GREE版ミリオンライブ!のカードをもとに、宮尾美也のさまざまな面を紹介してきました。 この記事を通してなにか結論や主張があったりはしないのですが、宮尾美也について、ひとつでも新たな面を知っていただけたなら幸いです。

アイドルについて日頃考えていることや覚えていると思っていることでも、実際に記事にしようとしてみると、忘れていることや調べないといけないことも多く、その分新たな発見もありました。 この記事を読んだあなたも、あなたが好きなアイドルや、もっと知りたいと思っているアイドルについて、書いてみたいと思ってもらえれば嬉しいです。

8月20日目の記事は、bitconnectさんが「『内ウサミン星』と『外ウサミン星』についての考察」を書いてくれるようです。「頭の悪い文章」とのことですが、私はそういうのが大好きなので、とても楽しみです!

*1:当日中に投稿したのでセーフ、セーフです

アイマスハッカソン(を開催|に参加)しました #imas_hack

すでに2017年は目と鼻の先、完全に機を逸した感があリますが、きちんと文章にして残しておく必要を感じているので、アイマスハッカソンについて書いておきます。

アイマスハッカソンとは

2016年12月17日に開催された、エンジニアなプロデューサーのためのイベントです。

imas.connpass.com

「アイドルを愛でる、アイマスにContributeする」をコンセプトに、第1部はもくもくタイム、第2部は懇親会+LT(ライトニングトーク)大会の2部構成で開催されました。

第1部:もくもくタイム

第1部ではアイマスの楽曲をBGMにして、黙々と作業しつつ、時折控えめにコールが入るなど落ち着いた(?)時間となりました。クソコラハッカソンをする人がいたり、ミリオン台湾ライブのチケットを取る人がいたり、3時のデレステガシャ更新でざわめいたりと、ガチでハックする勢・ゆるくプロデュースする勢が程よくミックスされた良い雰囲気だったのではないかと思います。

第2部:懇親会+LT大会

第2部では、お酒が入ったこともあり、おとなしめな第1部とは打って変わって、大きな盛り上がりを見せました。「アイマスP怖い」との意見がニコ生のアンケートで寄せられるほど、技術的にガチな発表が続く中、純粋にアイドルへの愛を叫んだ発表は、多くの参加者・視聴者に感銘を与え、大トリにふさわしいものとなりました。

スタッフとして

私は企画の当初からスタッフとして参加していましたが、ハッカソンの準備は楽しかったです! スタッフは7月に顔合わせをして、途中メンバーも増えつつ、当初の予定通り12月に開催できたことを嬉しく思っています。

最初は、とりあえず会場を押さえて、ただもくもくする会でもいいんじゃないかなーと言っていたところから、LT大会・ニコ生配信や、ステッカー・シールの配布、会場の飾り付け、BGMを流すことなど、やりたかったことがだいたい実現できてしまいました。(次回こそぜったい等身大POPを飾ろうな!)

こんなにたくさんのことが実現できて、しかも当日トラブルもなく運営できたのは、スタッフの皆さん・参加者の皆さんのおかげです。改めてお礼申し上げます。 また、会場を提供したくださったクラウドワークス様、カバーイラストを描いてくださったFUBUKIさん、ロゴとステッカーをデザインしてくださったクローゼットPにも重ねて感謝申し上げます。

参加者として

スタッフではなく、ハッカソンのいち参加者としての感想を書いておきます。

当日あの空間には、エンジニアで、しかもプロデューサーな人たちしかいなかったわけで、それだけでとても楽しくて嬉しい空間でした。当日の私はぶっちゃけほとんどハックしてなかったけど、それでもあの空間にいるだけで楽しかったです。

だから、今回はなんだか怖くて来られなかったというそこのあなた、当日なにをするか決まってなくても良いし、自分の技術力に自信がなくても良いです。なぜかクソコラハッカソンしてた人もいるしアイマスが好きで、技術に少しでも興味がある人ならWelcome!!です。次回は来てくださいね。楽しいよ!

関連リンクまとめ

当日の雰囲気が分かるようなレポート記事、LT発表資料、togetterまとめへのリンクをまとめておきます。他にもありましたらコメントで教えてください。

スタッフ・参加者の記事

lineblog.me hamaco.hatenablog.jp hamup.hatenablog.com hkdnet.hatenablog.com bode-mmk.hatenablog.com

発表資料

imas.connpass.com

Togetterまとめ

togetter.com

次回へ向けて

次回のハッカソン開催は全く未定です。 が、年明け2017/01/07に振り返り会をやります。

imas.connpass.com

今回のハッカソンの振り返りの他にも、次回のハッカソンについてや、今後のIM@Study(仮)のことについても話すんじゃないかなーと思います。 次回のハッカソンではスタッフをやりたい、ハッカソン以外にもこんなことがやりたいという方は参加してみてはいかがでしょうか。

特に、ぼでーさんを中心に関西での開催の動きもありますので、関西なら開催に協力したいという方、お待ちしております。 振り返り会はリモート参加も可ですよ。